クレジットカードの審査で重要な在籍確認の基礎知識

在籍確認は何のために行われるの?

在籍確認とは、クレジットカードの審査の中で行われる項目のひとつで、申し込みした人が申告の通りの勤務先に実際に所属しているのかを確認するために行われるものです。申告通りに会社に在籍していることをしっかりと確認することで、安定した収入があるかどうかを判断しているのです。クレジットカードの審査では、ショッピングで利用した残高の支払いがきちんとできるかどうかが最も重要な審査基準ですので、在籍確認の必要性も理解できますよね。

在籍確認が行われないクレジットカードってある?

とはいえ、個人的なことで業務中の職場に連絡が入ると迷惑がかかってしまうのではないかと心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。在籍確認がないクレジットカードがあればそちらに申し込みたいと思ってしまうかもしれません。ただ、クレジットカードの審査では基本的には在籍確認は必須の項目となります。もし在籍確認なしで審査を行えば、例えば既に退職した会社を勤務先として申告するような人が出てきてしまいます。それではクレジットカードのサービスも成り立ちませんので、在籍確認はどうしても必要なのです。

在籍確認はどのように行われるの?

在籍確認は、クレジットカード会社から勤務先へ電話をかけて行われるのが一般的です。勤めている職場に電話が入るとなると、どんな会話をするのか気になってしまいますよね。ほとんどのクレジットカード会社は、申し込みをした人が在籍していることが確認できればそれでよいため、会社名を名乗らず担当者の個人名で連絡を入れてきます。また審査のため在籍を確認したいなどと用件を言うこともほとんどありませんので安心しましょう。在籍確認の電話は、ほんの数分で終わることが多いのですので、必要以上に気にし過ぎないようにしましょう。

どうせ通らないだろうとクレジットカードの審査を諦めている方もいますが、方法によっては審査にとおる場合もあるので、専門家に相談をしてみましょう。