ゲームクリエイターになるための専門学校についてのこと

プログラミングを学ぶこと

多くの場合、ゲーム制作の専門学校に通う場合は、プログラミングを学ぶことになります。大抵は、これが最も需要があります。但し、色々と言語があることは確かであり、なかなか多くのことを学ぶことになりますし、やることは一杯あります。一人前になるのに専門学校の二年、三年ではとても厳しいことでしょう。それでも基礎を学ぶだけでも十分に価値はあります。上手くすれば出来るだけ多くの資格を取ることによって、就職先も決まります。

グラフィック関係の学科について

他にある学科というのがグラフィック学科になります。これはコンピュータグラフィックを学ぶことができる学科になります。難しいのか、といいますとやはり絵心が少なからず必要になります。そこがややハードルを上げている側面にはなりますが、はっきりいってそもそも目指す人はそれなりに絵心がありますから、そんなに心配はないです。画像の加工や処理に関する知識も身につけることになりますから、そちらの面でも活躍できます。

シナリオライターに関すること

ゲームですからシナリオが必要になります。そうした方面の人材を育成する、という学科もあります。シナリオライターとか脚本とか呼ばれているタイプです。そこまで学費が必要ではない、というのが大きなメリットであるといえるでしょう。しかし、極端に差がでるわけではないですし、まして、潰しが利かないところでもあります。そこがややネックになりますから、覚悟しておいたほうがよいでしょう。それでも人気がある学科といえます。

ゲーム産業は日本が世界に誇る産業となっており、いつの時代も世界をリードしています。そのため、ゲームの専門学校を出た人材へのニーズは非常に高いものとなっています。