しっかり準備を整えておこう!株の信用取引を始めるために必要なものとは?

まずは信用取引に対する心構えが重要!

株の信用取引では証券会社から資金や株そのものを借りて取引が行われるため、取引規模を拡大させることができ、結果的に利益を増加させることができます。しかし、多くの機関投資家なども積極的に相場に参加しているため、生半可な知識と取引手法ではほぼ確実に損失しか生まれません。まず信用取引においてどのような手法を用いるのか、それは客観的に利益が出る確度が高いのかを吟味した上で、実際の取引に取り掛かるように心構えをしておく必要があります。

信用取引では口座を開くのにも注意を要する

信用取引を行うに当たっては、専用の取引口座を証券会社に開設する必要があります。それに当たっては、まずどの証券会社で口座を選びのかを事前に考えなければなりません。委託手数料はいくらなのか、金利面の優遇はあるのか、取引に役立つサービスはどのようなものが付帯するのかを主軸に選定するようにしましょう。また、信用取引の口座を開くためには、一定の株の現物取引の経験が求められます。その基準も証券会社によって違いますが、まずは意中の証券会社で最初に現物取引用の口座を開設しておきましょう。

口座を開設したら必要になるものとは?

実際に信用取引の口座が開設できたら、次に行わなければならないのが、信用取引の原資である「委託証拠金」の入金です。信用取引においてどの程度の取引が行えるかは、この委託証拠金の額によって変わってきます。委託証拠金ぎりぎりの取引を行ってしまうと、少額の損失が出ても追証が発生してしまうことも考えられるため、自分が行おうと考えている信用取引の規模に応じて入金額を決める必要があります。委託証拠金の額が大きければ大きいほど、信用取引における自由度は高まります。

株の信用取引を行うと、空売りが出来るようになります。空売りを行うと、株価が下がっても利益を出せるようになるので、信用取引によって儲けのチャンスは二倍になると言えるでしょう。